製品のご案内

ICC(感染対策委員会メンバー)、
ICT各実務メンバー間で感染管理
迅速な情報共有化が出来ます。

感染症発生状況リアルタイム把握
 迅速感染管理に貢献します。
感染チャートなどで患者の耐性菌状況、
 詳細感染管理に寄与します。
患者移動情報を一覧表示することで感染伝播
 状況を把握でき感染管理容易になります。
ターゲットサーベイランス(SSI,VAP,UTI,
 BSI)を短時間に実施でき迅速感染対策ができます。

現在の病院・医療施設等をとりまく環境

現在の病院・医療施設を取り巻く環境は、感染管理にとって、「追い風」です!
 ●DPC・医療費包括請求制度の導入
重篤な耐性菌による院内感染発生
平成24年4月1日から、診療報酬の改定(地域連携加算) など、
感染制御のための診療報酬の改定等が感染管理「追い風」になっています。
感染管理システム活用による院内感染対策活動感染制御重要になります。
アウトブレークを感染管理システム予兆機能により未然に防ぐこと重要です。
感染管理システムがスタッフのメンタル面や施設の経済状況にも良い影響を与えます。


このような感染リスクを低減するには、感染制御システム感染管理システム要件として、
  • 感染制御、感染管理に関する情報のリアルタイム収
  • 迅速な施設・地域の耐性菌状況などの現状把握
  • アウトブレーク予兆検索などが、感染管理では、とても重要になります。



感染管理システムサーベイランスや・感染制御コンサルタント等への質問リスト